カジノ

カジノのアイコン・バニーガール!由来、役割などを徹底解説

bunnygirl party (2)

バニーガールは、一般的にウェイトレスやエンターテイナーとして知られていて、カジノやナイトクラブなどでお客様を歓迎したり、サービスを提供したりするのに使われます。バニーガールたちは特徴的な制服を着用し、カジノの雰囲気やテーマに合わせています。バニーガールのコスチュームは、しばしばカジノのイメージやエンターテイメント性を高めるために採用されています。バニーガールの起源は1960年代にまでさかのぼりますが、今日でもカジノの象徴として存在感を示しています。

バニーガールの起源

バニーガールは、最初にアメリカのプレイボーイクラブで誕生しました。プレイボーイクラブは、1950年代にヒュー・ヘフナーによって創設されたエンターテイメントクラブで、そこでは高級感あふれるカジノやナイトクラブの雰囲気が楽しめました。バニーガールは、このクラブの特徴的な制服を着用していました。バニーガールたちはボディスーツ、耳にかぶったバニーの耳、そして尾を象った小さなポンポンが付いたフリフリのスカートを身に着け、エレガントでセクシーな雰囲気を醸し出していました。

453a3378 dca2 4438 9d12 030ee9edb22a

カジノでのバニーガールの役割

現代のカジノにおいても、バニーガールは特別な存在です。バニーガールたちはエンターテイメント要素を高め、カジノの雰囲気をより楽しいものにします。カジノ内を歩き回り、お客様にドリンクや軽食を提供するだけでなく、バニーガールたちの存在そのものがカジノ体験の一部として覚えられることも多いです。

また、バニーガールたちの制服はカジノのイメージやテーマに合わせてデザインされており、その装いもカジノ全体の雰囲気に一層の華を添えています。特にテーマ性のあるカジノでは、バニーガールのコスチュームが訪れる客に深い印象を与えます。

カクテルウェイトレスとバニーガールの違い

実は、バニーガールたちはウェイトレスの役割を果たしていますが、カジノ内のウェイトレス=バニーガールというわけではありません。ウェイトレスは、一般的に飲み物や軽食を提供し、お客様のサービスに従事しています。

一方、バニーガールは、特定のカジノやエンターテイメント施設で特別なコスチュームを身にまとい、カジノの雰囲気を華やかにし、客を歓迎する役割を担っています。カジノで普通のカクテルウェイトレスもボディスーツと網タイツを着用することが多いですが、両者の主な違いは、ウサ耳カチューシャや尻尾のアクセサリーがあるかどうかことです。ウサ耳と尻尾がなければバニーガールとは言えません。

現在のカジノでは、セクシーな衣装を着用するカクテルウェイトレスが多いですが、必ずバニーガールに会えるわけではありません。

バニーガールの特徴であるウサ耳や尻尾がなくても、カクテルウェイトレスは十分に魅力的です。カジノ内では、飲み物を提供するカクテルウェイトレスが回っています。プレイヤーに無料でカクテルや他の飲み物をサービスするカクテルウェイトレスたちは、プレイヤーがしばらくプレイしていると必ず接客にやってきます。もし欲しいものがあれば、オーダーすることができますし、逆に欲しくなければ無視しても構いません。アルコールやソフトドリンクなど、さまざまな種類の飲み物が用意されています。

カクテルウェイトレスが提供する飲み物は通常無料ですが、ウェイトレスたちはチップで生計を立てています。そのため、飲み物を持ってきてくれた際には、チップを渡すのが一般的です。チップは現金でもカジノチップでも構いませんので、最低でも$1を渡しましょう。

本物のバニーガールに会えるカジノは?

最も有名なバニーガールに会えるカジノは、プレイボーイ クラブ ロンドン(Playboy Club London)のカジノでしょう。プレイボーイ クラブ ロンドンは、有名な雑誌「PLAYBOY」が運営するカジノクラブとして知られています。この高級カジノクラブは、ロンドンのメイフェアに位置し、一部の施設は会員専用となっていますが、バーは非会員でも利用可能です。

プレイボーイ クラブ ロンドンは、ディーラーからウェイトレスまでバニーガールの衣装を着用しています。

バニーガールディーラーたちは、特定のルールに従い黒い衣装を着用し、他の場内スタッフはよりカラフルで美しいバニー衣装を身に纏っています。この差異により、ディーラーとその他のスタッフの役割や視覚的な特徴を区別することができます。

カジノエリアでは、20台以上のテーブルゲームが整然と配置されており、さらに幅広い種類の電子ゲームやスロットマシンも備えられています。これにより、多様なゲームを楽しみたい人々にとって、様々な選択肢が用意されています。テーブルゲームは豊富に取り揃えられ、カジノの魅力とエキサイトメントを提供しています。 テーマパークのような広いカジノではありませんが、一流上品で優雅な雰囲気が漂い、落ち着いてプレイできるカジノとなっています。注意すべき点は、このカジノはドレスコードがあり、Tシャツやスニーカーなどのカジュアルすぎる服装は避けましょう。

残念ながら、プレイボーイ クラブ ロンドンは2021年から営業停止しており、ホームページも消えている状態です。

バニーガールのシンボルとしての意義

バニーガールは、カジノのアイコンの一部として広く認識されています。現在、バニーガールに会えるカジノがほとんどないが、一般の人々の中ではバニーガール=カジノというイメージは強いです。バニーガールたちの制服は、カジノを訪れる人々の記憶に残りやすく、カジノが提供するエンターテイメント体験を象徴するものとなっています。また、バニーガールは華やかで魅力的な存在であり、カジノの魅力を高める要素として重要な役割を果たしています。

バニーガールの未来

バニーガールはカジノにおけるエンターテイメントの一部として今なお活躍しています。その存在はカジノ体験を豊かにし、特別な思い出を提供しています。しかし、社会の価値観や意識の変化に伴い、バニーガールのイメージや役割も変わる可能性があります。近年、カジノディーラーは男女問わず同様な制服を着用することが増えています。今後は、多様性やジェンダー平等性を尊重しつつ、エンターテイメントの新たな形が模索されることでしょう。

まとめ

バニーガールはカジノやエンターテイメント施設で特別な役割を担い、その特徴的な制服や華やかな姿はカジノのイメージを彩ります。プレイボーイクラブでの起源から始まり、彼女たちがカジノ内でエンターテイメント要素を高める重要な存在です。

-カジノ
-,