カジノ

チャイニーズポーカーとは?初心者向けのルール、点数、戦略などを完全解説

chinese poker party (1)

チャイニーズポーカー、略してチャイポと呼ばれることが多く、ほか「十三張」とも呼ばれています。チャイニーズポーカーは、トランプを使った遊ぶカジノゲームであり、ポーカーを元にしたものです。昔は主に中華圏にプレイされていますが、近年は欧米のカジノでも広まっており、オンラインカジノでも遊べるようになっています。

チャイニーズポーカーのルールは比較的にシンプルで、ポーカーの基本ルールとハンドの知識があれば理解しやすいです。チャイニーズポーカーのプレイ人数は最大4人で、2人や3人でもプレイできます。ルールが簡単で、所要人数も少ないため、カジノゲームとしてだけでなく、パーティーなどでプレイするゲームとしても遊びやすくなっています。

チャイニーズポーカーのルールは簡単ですが、ふつうのポーカーとは遊び方がまた異なっており、伝統的なポーカーなどに飽きてきた方にもおすすめです。この記事では、初心者の方に向けて、

ポイント

チャイニーズポーカーのルール

チャイニーズポーカーの点数

チャイニーズポーカーの戦略

を分かりやすく解説していきます。

チャイニーズポーカーのルール

チャイニーズポーカーは通常標準的な52枚のトランプのカードを使用して行われるカジノゲームです。各プレイヤーは13枚のカードを受け取り、それぞれを3つのポーカーハンドに分けます。

このチャイニーズポーカーの3つのハンドは、トップ(3枚)、ミドル(5枚)とボトム(5枚)です。またはフロント・ミドル・バックや、頭・二道・尾とも呼ばれています。

ふつうのポーカーならできれば強い役を作れば大丈夫ですが、チャイニーズポーカーの役を作るときにやや特殊のルールがあり、それは強さの順番が決まっており、ボトム>ミドル>トップでなければなりません。強さが同じでも構いませんが、ボトムはミドルより弱いことはNGです。

例えば、トップ:ペア+1、ミドル:フルハウス、ボトム:フォーオブアカインドといった組み合わせはOKですが、トップ:スリーカード、ミドル:ツーペア+1、ボトム:ペア+3の組み合わせは認められません。また、トップはカードが3枚しかないため、5枚カードの役(ストレートやフラッシュなど)は認められません。

チャイニーズポーカーの役の例
アキラ

画像はチャイニーズポーカーのハンドの組み合わせOKの一例です。例えば、上記のミドルとボトムの配置を交換したら、ミドルのほうがボトムより強くなってしまうのでNGですよ!

チャイニーズポーカーでハンドの分け方が間違った場合、3つのハンドが全部負けと見なされます。全敗の時と同じ量のチップをゲームから降りていないプレイヤー全員に支払うことになります。また一部のチャイニーズポーカーでは、その後もゲームを続けなければならいようになっています。

各ハンドを相手に見られないように並べ、準備ができたら一斉に公開します。役の強さで競うために、それぞれのハンドに最適なカードを配置することが重要です。勝利したハンドごとにポイントが与えられます。ゲーム終了時の最終的な点数によって、チップを払うか獲得するかを決めます。

チャイニーズポーカーの点数

チャイニーズポーカーの点数は、勝負で得る点数と強いハンドで稼ぐ点数の2種類あります。

一般的に、対戦相手に勝利すると1ポイント、すべてのハンドで全員に勝利すると3ポイント獲得します。さらに、全勝の時は3ポイントのスクープボーナスが追加され、合計6ポイントを獲得できます。

また、勝負で得る点数以外、チャイニーズポーカーで特定のハンドを作ったプレイヤーは特別点数を獲得できます。

ボトム

点数
ストレート2
フラッシュ4
フルハウス6
フォーオブアカインド10
ストレートフラッシュ15
ロイヤルストレートフラッシュ25

ミドル

点数
スリーカード2
ストレート4
フラッシュ8
フルハウス12
フォーオブアカインド20
ストレートフラッシュ30
ロイヤルストレートフラッシュ50

トップ

点数
6のペア1
7のペア2
8のペア3
9のペア4
10のペア5
Jのペア6
Qのペア7
Kのペア8
Aのペア9
2のスリーカード10
3のスリーカード11
4のスリーカード12
5のスリーカード13
6のスリーカード14
7のスリーカード15
8のスリーカード16
9のスリーカード17
10のスリーカード18
Jのスリーカード19
Qのスリーカード20
Kのスリーカード21
Aのスリーカード22

※チャイニーズポーカーやカジノのルールによって点数が異なることがあります。

チャイニーズポーカーの戦略の考え方

以上の表のように、チャイニーズポーカーでハンドを作る際、3つのハンドが多めに勝てるように考えるより、できれば一つの強い役を作るほうがたくさんの点数を稼げますよ。

例えば、ボトムでロイヤルストレートフラッシュを作れば、ほかの2つのハンドは役なしでも必ず25ポイントを獲得できます。そのため、戦略的にカードを配置し、強い役を目指しましょう。

もちろん、トップで強いハンドを作っても多くの点数を獲得可能ですが、チャイニーズポーカーのルール上はボトムに1番強い、トップに1番弱い役を置かなければなりません。

トップが1番弱い役であることが必要なので、通常はあまり良いハンドを置かないようにしましょう。トップは単に他のハンドが勝つのを助けるための補完的な役割を果たすことが多いです。

チャイニーズポーカーの特定の役はたくさんの点数を獲得できるため、ボトムでハンドで強いハンドを作れば、前の2つのハンドが負けた分もカバーできます。一方、自分の手札はあまり強い役を作れない場合は、各ハンドの配置をさらに工夫する必要があります。少し配置を変えることでより多くのポイントを稼げることもあります。

4人でチャイニーズポーカーをプレイする場合は、52枚のデッキを全部使うため、自分のカードを見てほかのプレイヤーのハンドを予想することもより容易です。

一般的にはチャイニーズポーカーの1ゲームで獲得できる最大の点数は98ポイントです。

チャイニーズポーカーで最大の98ポイントを獲得するには、まず3ハンド全勝(3ポイント)+ スクープボーナス(3ポイント)=6ポイントを取得する必要があります。さらに強い役の追加得点として、

トップ(9のスリーカード=17ポイント)

ミドル(ロイヤルストレートフラッシュ=50ポイント)

ボトム(ロイヤルストレートフラッシュ=25ポイント)

を獲得し、合計で98ポイントとなります。
ちなみに、2つのロイヤルストレートフラッシュを作るには10・J・Q・K・Aのカードを各2枚を使ったので、作れる最強のスリーカードは9のスリーカードとなります。

まとめ

チャイニーズポーカーはトランプを使用したポーカーゲームで、通常最大4人でプレイします。チャイニーズポーカーの遊び方は13枚のカードを受け取り、3・5・5といった3つのハンドに分割して強さを競い合います。

チャイニーズポーカーで戦略を考える時、ボトム>ミドル>トップの強さ順番と、特定の強いハンドを作成できれば大量のポイントを獲得できることを頭に入れておきましょう。

役の点数を一気に覚えるのが難しいかも知れませんが、まずはこのページを参照しながら家でチャイニーズポーカーの役作りを練習するか、オンラインカジノでプレイしてみても良いでしょう。

ぜひ面白いチャイニーズポーカーで楽しんでみてください!

-カジノ
-, , , , ,