パチンコ

地震時、パチンコ店は安全か?広がるパチンコ避難を完全解説

地震時、パチンコ店は安全か?

あけましておめでとうございます。

新年早々地震があって、各種の防災対策が再び注目されています。

時期に関わらず、パチンコ愛好家はパチンコ店に行くことが多いので、今回は地震発生時パチンコ店にいる場合の対策について解説していきたいと思います。

地震時、パチンコ店は安全か?

パチンコ店で遊技している最中、地震が発生した経験がありますか?

日本は地震大なので、レベルの非常に低いものもカウントするなら、そういったことは誰でも経験したことがあるかと思います。

ただ少しのゆれなら誰も気にしないでしょう。

また、パチンコ店内はにぎやかで、みんな目の前の台に集中しているので、気が付かないこともあるかと。基本的には震度4からは眠っている人までも目を覚ますので気づきやすくなります。

ただし、震度3、4くらいはまだパチンコを打ち続ける人がほとんどかと思います。

海外と比べると、日本は防災訓練がしっかり行われている一方、逆に小さな地震に慣れてきて危機感の薄い人も多いと感じています。

しかし、地震に襲われたら一刻も早く避難すべきです。なぜならその後は強い地震が来る可能性もあります。賢明な判断はご自分の命を助けますよ。

すぐに脱出できない場合は机の下で身を守り、機械などの転倒による負傷を避けます。

地震中は机の下で身を守る

そこで、「近年パチンコ避難が広がっているじゃないか、地震時のパチンコ店は安全でしょう?」と思う方もいるでしょう。

それは完全に間違っているわけではありませんが、地震時はなにもなかったようにパチンコを打っても大丈夫わけでもないです。

地震時のパチンコ店の安全性について、ここでは最近のニュースを見てみましょう。

要約すると、年明けに起きた地震による富山県内のパチンコ屋の天井落下事故の関連記事です。

富山県内の震度は5強で、震源地の石川県ほどではありませんが、富山市内のパチンコ店では、天井落下の事故が起きて、けが人は8人も出たという(のち2人が重傷)。

パチンコ避難は、関連ニュースを見れば分かりますが、実は「パチンコ店の建物は強いから安心できるよ」というわけではなく、パチンコ店の広い空間や施設が一時的な避難場所として利用されるケースです。

また、パチンコ店の立体駐車場も災害時の避難所として開放されることがあります。

実は、地震発生中のパチンコ店は、安全とは言えません。

地震中危険な場所の特徴を思い出してみてください。

パチンコ店では、一般的に大きな空間を持っており、多くの機器や備品が設置されています。

地震発生時、これらの機器や備品が転倒や移動するリスクがあり、それによるけがの危険性が高いです。

また、パチンコ店では基本的に派手に飾られているので、地震時装飾の落下も怖いです。

自分のところに落ちてきたら、けがの恐れや、重物の下敷きになったら外へ逃げなくなる可能性があります。

なので、地震が起きら、パチンコ店の遊技機や装飾を避けるべきです。

パチンコ避難のメリット

先程は地震中のパチンコ店は、案外危ない場所だと話しました。

「パチンコ避難」という言葉の意味は、パチンコ屋は安全なので地震中はパチンコを打ち続けてもいいわけではありません。

大変危険そうなのに、なぜパチンコ避難は広がっているのかと疑問に思う方もいるでしょう。

実は、地震中のパチンコ店内は危険な要素が多くて早く逃げ出すべきですが、パチンコ店の施設は避難所としてのメリットはいくつかあります。

パチンコ避難のメリット

  • 広いスペース: パチンコ店は一般的に広いスペースを持っており、多くの人々を収容することができます。これは、特に大規模な避難が必要な場合に重要です。
  • 立地: 多くのパチンコ店は市街地や住宅地に位置しているため、災害発生時に地域住民が迅速に避難することが可能です。
  • 設備と資源: パチンコ店にはトイレや駐車場などの基本的な設備が整っており、一部の店舗では飲料水や非常用の電源も提供されています​​​​​​。パチンコ店の景品には日常用品が揃えており、災害時はすぐ利用できるようになっています。
  • 安全性: 現代のパチンコ店は、耐震性を考慮して建設されることが多く、災害発生時に比較的安全な避難場所を提供できる可能性があります。ただし上であげたような天井落下の例もあるので、店内の装飾を避ける必要があります。
  • コミュニティの中心として: パチンコ店は多くの人々が訪れる場所であり、災害時に地域コミュニティの集合点として機能することができます。
  • AEDの設置: 多くのパチンコ店にはAED(自動体外式除細動器)が設置されており、緊急医療対応が必要な場合に役立ちます。

これらの要素は、パチンコ店が災害時の避難所として利用される理由を示しています。

パチンコ店は災害発生時の地域住民のニーズに応えるための重要な役割を果たしています。

ただし、すべてのパチンコ店が同様の対応をしているわけではないため、実際の避難時には各店舗の具体的な状況を確認することが重要です。

まとめ

パチンコ店は地震中、部品転倒や落下のリスクがあるので気をつくべきです。

しかし敷地が広いや景品として様々な日常用品を揃えているなどのメリットがあり、災害時には避難所として利用することができます。


パチンコ店側も、地域との良好な関係を築き、社会貢献を行える点から積極的に災害支援を行っているところが多いです。

地震以外、台風などの災害時のパチンコ避難の例も多数あります。

ただし、実際の避難時には各店舗の具体的な状況を確認する必要があります。

万が一に備えて、あらかじめご自宅や仕事場の近くのパチンコ屋の情報をチェックしましょう!

-パチンコ
-,